デジタルな大掃除

ランシンさんの“大掃除”や一九六丸さんの“本棚の大掃除”に触発され、
玉下も掃除ネタです。

仕事柄で大晦日に我が家にいることが少ないのですが、
今年は幸い一日を家で過ごしています。

で何となく始めたのがPCのHDの整理...。
ほとんどアクセスをしていない書類を消したり、
DVDに写真をバックアップしてHDから消去したり...。

次にBlu-rayのHDを軽くしようという口実で録画していた番組を見ていたら、
TV棚の近くに置いてある缶の箱が目に付いた。
実は毎日のように視界には入っている場所にある箱なんだけど、
カミさんか子供たちの何かが入っているんだろう、くらいにしか考えていなかった。


つい録画番組を見ながら箱を開けると...。
出てきたのがデジタル・ビデオ・テープの山!
20121231_DV.jpg

そしてMDの束!
20121231_MD.jpg
(画像は山の一部です。お恥ずかしいので...)

ああ、そういえば何年か前に家のあちこちに散逸していたテープをこの箱に入れたんだ。
何となく思い出してきた。

そして、せっかく思い立ったので多少は軽くなったBlu-rayデッキのHDにダビング。
部屋の奥からここ数年全く使っていないデジタル・ビデオ・カメラを引っ張り出し、
AVケーブルでBlu-rayのデッキにつないでひたすら再生~録画をしています。

この作業の難点は、リアル・タイムじゃないとダビングできないこと。

つまり5分の映像は5分の再生時間を要するし、20分の映像は20分の再生時間を要する。
CDのリッピングのようにデジタル作業ではなく、
カメラとデッキをつないでいるのはあくまでもアナログなケーブル。

最近では街の電気屋さんでVHSをDVDにダビングしてくれるサービスもあるらしいけど、
まぁ急ぐ作業でもないしお金をかけるのもなぁ...。

でもこの難点が見方を変えるとちょっと楽しい。

最近ではめっきり大人になってしまった(24歳と26歳だから当然だけど)息子たちの、
可愛らしい小学生の頃の海水浴や学芸会の映像。
すっかり女子高生になった長女の生後間もない映像。

そんな懐かしい映像を早送りも出来ずに見ています。
(部屋の片付けをしながらですが...)

ビデオ・テープは物理的なダメージ(湿気で伸びたり、切れちゃったり)を受けるから、
こうしてダビングしてからBlu-ray Discにダビングすれば、
省スペースのもなるし一応は永久保存の筈。
  (果たして次に見るのがいつかは不明ですが...)


なんとなく大晦日のデジタルな大掃除な気分です。

でも夜は紅白とかを観るから、この作業は中断。
夜中に(しかも元旦の朝に)独りで呑みながら再開すると、
朝になりそうな予感が...(^_^)


そういえばMDをPCにつなげるのって、どうすればいいんだろう...。


   wrote by 玉下奴郎 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR