邦題の件で思い出したこと…。

先日のドラマの邦題で思い出した、どうでもよい話…。
音楽の邦題の件です。

皆さんは1970年代に大活躍したキング・クリムゾンというBANDをご存知ですか?
(あっ、今でも活動しているので、こういう書き方は語弊がありますが…)

キングクリムゾン

で彼らのデビューにして大ヒット&代表作に、「21世紀の精神異常者」という曲があります。
記念すべきデビュー・アルバム「キングクリムゾンの宮殿」の、
更に記念すべき1曲目に収録されている作品なのですが、
7分を越える大作ということもあり、今でもプログレの代名詞としてポピュラーな曲なんですが….。

問題はこの邦題でした。
この曲が発表された時代は現在の様に“何々ハラスメント”という意識もなく、
恐らく人権擁護団体も存在はしていたと思いますが、今ほど実質的な圧力を有していなかったかと思います。
(あくまでも玉下の想像ですが…。)

で、この「21世紀の精神異常者」という邦題も、普通にレコードに表記されていたし、
我々も日常会話で口にしていたし、雑誌やラジオでも紹介をされていました。

ところがある時、NHKラジオから流れてきた曲名の紹介が、
「次にお聴きいただくのは、キング・クリムゾンの“21世紀のスキッツォイド・マン”です。」
というアナウンス。
この曲の原題が「21st Century Schizoid Man」であり、数少ないこの曲の歌詞でもG. レイクがこの言葉を叫んでいるので、
玉下は「妙にマニアックな紹介をするなぁ…」と思ったのですが、
なんとこれがレコード制作基準倫理委員会、通称レコ倫の基準の変化によって、
“精神異常者”なる表記が問題視されて、現在の表記に改められたそうです。

こういう改題や改変の常で、誰が具体的にどういうクレームをつけたかは不明ですが、
結果的に発売元のレコード会社は“自主的”に表記を改めたんでしょうね。

“21世紀のスキッツォイド・マン”じゃ、この曲の持つ“狂気”が伝わらないよなぁ。

同じくプログレBANDのピンク・フロイドの名盤「狂気」は、
原題は「THE DARK SIDE OF THE MOON」ですが、お陰様で今でも「狂気」で流通しています。

狂気

昨年末に急逝した故・石坂敬一氏の名邦題のひとつです。
“月の裏側”というタイトルを“狂気”と名付けちゃう!
この感覚が好きです!


カテゴリー
スライド2  wrote by 玉下奴郎
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

玉下奴郎さん - 彩子 - 2017年06月12日 22:21:45

今頃コメント、そして、読み逃げ常習者ですみません〜

月の裏側→狂気、ねぇ…
なかなかステキです!

ストロベリームーンだのピーチムーンだの、騒いだ割には、そんなお色目には程遠く、単なるおっきなお月様だったのね…なぁんて思ってたところで、
この記事読んでます。


【キングクリムゾンの宮殿】のジャケットで、思い出したこと…w

3歳違いの兄貴が高校の時、
運動会の応援合戦用に
このジャケットを看板製作してたのを、今でも思い出します。
プログレに入れ込んでた兄貴の発案だったか、
そしてそんな兄貴達はセンスある高校生だったのか、分かりませんが、
中学生だった私は、目ヂカラ迫力満点の看板、未だに忘れられないですよ。
勿論家には、ピンクフライドの【狂気】もありました。
私のなかでは、只々ジャケットの記憶ですけど。

- 玉下奴郎拝 - 2017年06月14日 20:13:30

彩子様

音楽でも映画でもそうですが、
少し年上の兄弟の存在って大きいですよね。

高校の運動会の看板であの顔を製作...、
恐らく同級生の人たちだって理解できなかった気がします!
お兄さんの影響力は大きかったんでしょうね(^_^)

ちなみに表題曲はあの顔同様にインパクトがありますが、
この曲が収録されているアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』の他の曲は、
一転して抒情的な作品が多いです。

機会があれば、お聴きください!


玉下奴郎拝

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR