オトナのトミカ・・・ トヨタ車体 コムス

世界中がVWの排ガス偽装問題に揺らぐ昨今の自動車業界。
こんなことで業界が話題となるのは何ともなさけないけど。
これもし烈な新技術競争の結果なのかもしれない。

電気自動車といえば、漸く日産リーフを街中でちらほら見かけるようになったけど、普及にはまだまだ時間がかかりそうだ。
そんな中、たまたまマンションで試乗体験会を行っていたのが、電気自動車コムス。

トヨタ車体コムス1 トヨタ車体コムス2

トヨタグループのトヨタ車体が発売している電気自動車だ。
全長約2400mm、幅約1100mm、全高約1500mmの一人乗りの小さな乗り物。
家庭用のコンセントから1回の充電(6時間で満充電)で約50kmの走行が可能。
しかも60kmのスピードが出る。
その外観シルエット、宅配ピザのブームの頃の改造バイクのようだ。

電気自動車は、その走行距離=バッテリーが課題らしい。
確かに燃料(電気)切れは不安。ガソリンのように、補給場所がどこにでもあるわけではない。
そう考えると、このコムス、近所へのちょっとした所用や買い物には、とってもよいなあ。
と考える一方、なんたって車だから駐車場が必要となる。道脇にちょっと置くわけにもいかない。
んんん、ちょっとの買い物が、案外駐車に苦労してちょっとで済まなくなるかもなあ。
ならバイクや電気自転車のほうが便利?
せめて二人乗りなら、利用方法が変わるかも?
そんないろんな課題はあるけれど、トミカのコムスはなんたって小さくてかわいい。
これも世の中に出たからこそ、トミカになったのだ。まずは、そのことに感動と尊敬を。
車はどんどん進化する。

がんばれ、コムス!


カテゴリー
スライド13  wrote by ランシン

『上品倶楽部』WEB もよろしく! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- Mrs.Pie - 2016年04月15日 20:52:43

戦後を象徴する昔の軽自動車のスバル
フォルクスワーゲンのような形をした、あの車を電気自動車にすれば良いのでは?

そのとき、三角窓をつけるのを忘れないように。
どうして、今の車には三角窓を付けないのかしら?

Re: タイトルなし - 小李富 - 2016年04月16日 11:34:09

てんとう虫と呼ばれたスバル360ですね。賛成!
いまでもあのデザインは秀逸です。

エアコンが高価だった時代、三角窓は風を引き込んでくれましたが
エアコンが標準装備となったいま、逆に製造コストも高いものになっているのでしょう。
好きだったのになぁ。

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR