おぉ、Zだ。

仕事で訪れた、とある自動車ディーラー。
おぉ、Z だ。

HondaZ_02.jpg HondaZ_01.jpg

僕にとってのZは、日産のフェアレディZではない。
ホンダZ。
1970年に発売されたスポーティクーペである。
N360をベースに、5速MT、ツインキャブレター、ディスクブレーキを備えたタイプがラインアップされるなど、
360ccの軽自動車とはいえ、スペシャリティカーと呼ぶにふさわしいクルマだった。
特にリアスタイリングが特徴的で、黒くて太い樹脂製枠から「水中メガネ」の愛称で呼ばれていた。

HondaZ_03.jpg

5歳上の兄が乗っていたから、なおさら記憶が鮮明なのだ。
懐かしいなぁ、かっこいいなぁ・・・
と、つぶやく僕に、そこの営業マンくん曰く、
「年配の人は喜んでくれますけど、僕らにとっては、
 なんの思い入れもないから、ただ邪魔なだけなんですけどね」


さびしい言葉だが、いたしかたあるまい。
そんなものだ。

古き良き時代、なんていうのは、年配者の勝手な幻想だ。
テクノロジーが進化して、価値観が変わったり、行動様式が変わっただけなのだ。
古いものそこが正しい的な意見は、単に新しいものを受容できないようで見苦しい。
僕たちだって、上の世代から価値観を押し付けられるのを嫌ってきたはずだ。

ホンダZを眺めながら、自分が「上の世代」になっていることを改めて実感させられていた。


キミたちに懐かしいと思ってもらおうなんて、さらさら思わないよ。
勝手に、懐かしがらせてもらおう。


【本日の一曲】 真夏の出来事 by 平山三紀


ホンダZ発売の翌年、1971年の唄。僕は10歳だったんだなぁ。
彼のクルマっに乗って~♪


カテゴリー
スライド7  wrote by 1961_TM ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- SANAE - 2016年02月24日 08:39:08

20代に平山三紀の息子(当時10歳位)を、スイミング指導!
けど、この歌は知りませんでした。
ちょっと年上の人が「カレの車に乗って~♩」と歌ってくれましたが。
あの頃もラッキーカラーの、黄色のスーツで来られていたのが今も印象。
やっぱり私達は「SACHIKO」のばんばひろふみ。

Re: タイトルなし - 1961_TM - 2016年02月24日 13:05:24

SANAEさん、こんにちは。

> 20代に平山三紀の息子(当時10歳位)を、スイミング指導!

すごいなぁ。
僕も指導してほしいものです、はい。

- SANAE - 2016年02月24日 19:31:24

TMさんなら、イイですよっ。
手とり足とり。(笑)

Re: タイトルなし - 1961_TM - 2016年02月27日 11:35:49

(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR