エコカー時代、タイヤの空気圧は大丈夫?

タイヤがパンクしたから、ということで、タイヤのお話。

タイヤイメージ

みなさん、タイヤの空気圧のチェック、してますか?

タイヤは地面と接する唯一の部品で、コーナリングなどの運動性能、乗り心地、
そして安全性能に大きく関わっている。
そのタイヤの空気圧は、とっても大切で、1ヶ月で5~10%も下がってしまうと言われるから
どんなエコタイヤを使っていたとしても、空気圧が適性でなかったらメロメロなのだ。

ということは、1ヶ月に1回はチェックしたほうがいいということになる。
でも、日本自動車タイヤ協会なるところが調査したところ、6割がチェックしていないらしい。
1ヶ月に1回は理想的過ぎるかもしれないけど、2ヶ月も3ヶ月もしないというのは、ちょっと心配。
入っているのは空気だから、温度にも影響されるので、
季節(気温)の変わり目にはぜひともチェックしておきたい。

僕のクルマは燃費がすこぶる悪い。
でかいうえに、住んでいる横浜の奥地はアップダウンが多い。
燃費に悪い条件ばかりではあるものの、
子供たちの送り迎えがほとんどになっているから、走るのも短距離になっていて、
ガソリンを入れるのは月1回以下。
2回に1回くらいはなんとかタイヤの空気圧をチェックしてもらっている。

いまの時代はハイブリッドが主流となっていて、
軽自動車をはじめとするスモールカーが販売の大半を占める。
つまりはどんどん燃費のいいクルマになっているということ。

僕のクルマがもしもいまの時代的低燃費になったとしたら、
ガソリンスタンドに行くのは、3ヶ月に1回くらいになってしまうではないか・・・

しかも、いまはガソリンスタンドが減っているうえに、セルフ化している。
タイヤの空気圧チェックは、自分ではなかなかする気になれないし、女性だとその傾向はもっと強いだろう。

低燃費なエコカーと、セルフのガソリンスタンド。
タイヤの観点からすると、なかなか厳しい情勢ではあるな。


カテゴリー
スライド7  wrote by 1961_TM ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- sanae - 2015年03月21日 12:16:59

横浜……お洒落な所って、イメージがあります‼

私は車のコトは自慢ではありませんが、全くわかりません。燃費のコトも。でも、今の車は全般に丸み。昔の様な角ばってる車の方は私は好き。10代はケンメリやクラウンが好きでした。何故か土禁(笑)かなり面倒~。

横浜……一度は行って見たい所。

- うさまゆ - 2015年03月21日 15:01:20

うちの旦那様はバイク乗りで、今はトライアンフに乗っておりますが…。
確かにタイヤの空気圧って、気にかけているみたいです。
ガソリン入れる時よくチェックしていて、
なんでそんなしょっちゅうチェックするのかなー、
と思っていたんですが、そんなに圧下がるものなんですね。
初めて知りました。
納得!
新たな知識をどうも有難うございました。

sanaeさんへ - 1961_TM - 2015年03月21日 20:15:51

ケンメリやクラウン、しかもシャコタン(笑) なかなかです。はい。

うさまゆさんへ - 1961_TM - 2015年03月21日 20:18:12

トライアンフ!すげー!
かっこいいなぁ。
ちゃんとメンテできるっていうのが、ちゃんとしたライダーなんですね。

- おこちゃん - 2015年03月21日 21:15:32

自分でセルフスタンドではしないので、この記事読んだら、小まめにしなくちゃ~って思いました。
燃費にも影響するし。。。

- miko - 2015年03月22日 10:56:41

空気圧って結構大切です。
洗車をサボっても(笑)空気圧チェックは欠かしません。
慣れると、どーってことないです。

おこちゃんさんへ - 1961_TM - 2015年03月22日 16:08:21

おこちゃんさんへ

2~3ヶ月に1回でもいいくらいかと。

でも、僕はもうアドバイスしていい人ではない・・・
詳しくは、明日のブログで(苦笑)

mikoさんへ - 1961_TM - 2015年03月22日 16:09:46

mikoさん、こんにちは。
すばらしい!
・・・もしかしてご自分でされているのでしょうか?

- miko - 2015年03月22日 23:17:20

わっ!
こゆ時って、お返事しちゃっていいんですか?
しちゃいますけど(笑)

行き付けがセルフスタンドなので、空気圧ぐらいは自分でします。
少々汚くても危なくないけど、極端に空気圧低いと事故に繋がりますもん。
簡単ですってば♪



mikoさんへ - 1961_TM - 2015年03月23日 09:37:24

mikoさん、おはようございます。

はい、返事大歓迎です。

ご自分であの空気入れを扱うとは、すばらしい!

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR