悲しいCM

これは許せん!
と、怒り心頭なCMがある。
   (ちなみに「マツコ&有吉の怒り新党」は面白いぞ)

ノートCM

日産ノートのCM。
嵐の二宮が孫悟空に扮した西遊記をモチーフにしたCMである。


ノートの企画が、このCMから発想されたのは間違いなかろう。
たとえそうでなかったにしろ、そう思われても仕方がない。
ペプシCM

小栗旬が桃太郎を演じたペプシのCM。
圧倒的な映像表現、音楽で構成され、映画化も待望されるほどの大作だ。
楽曲はThe Heavy(ザ・ヘヴィー)。
日本ではほとんど知られていなかったイギリス南部出身の4人組ロックバンドを起用している。

二番煎じを狙ったノートのCMは、さらにわかりやすくするために(安易ともいう)、
楽曲は、モンキー・マジック。
そう、かつて堺正章が主演したテレビドラマ「西遊記」の主題歌(ゴダイゴ)をリメイクしたものだ。


僕が、いま販売されている日産車で唯一評価しているのがノート。
嵐のメンバーはみんな好きだし、二宮の演技は映画もよかった。
しかし、このCMは、ほんと許せん!
ペプシのほうが莫大な制作費をかけているが、制作費の問題ではない。

二番煎じ、パクリ、安易・・・
もう何度も目にしてしまったせいで、いまでは、怒り心頭を超え、ただただ悲しい。
クルマ(ノート)と出演者(二宮)に罪はないのだが・・・

以前も日産のデイズの広告コピー「日産のすべてを、軽に。」がウソだと書いた。
 (「ちょっと許せないぞ、日産DAYZの広告」)
どうした、日産。
これ以上、嫌いにさせないでくれ。


【本日の2本】 
どちらも公式サイトです。
日産ノートCM
ペプシCM Momotaro

いつまでアップされているかわからないけど。


カテゴリー
スライド16  wrote by 1961_TM ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR