「BMW イセッタ」を見たことある?

BMWイセッタ1

BMW イセッタ。
雑誌では何度か見ていて、このデザイン凄いなあって思っていた遥か昔。
その実物にたまたま遭遇したのは、お台場ビーナスフォートの車館。

BMWイセッタ2

この車、なんと一枚ドア、しかもフロント全体が開閉する。
今見ても、未来カーそのもの。展示車両の生産年はわからないけど、
このクルマは1955~60にかけて生産されていたもの。
よって1960年少し前かと想像できる。

?同じ年? そのことにもびっくり。
50年前にこんなクルマが走ってたんだ、と驚嘆。
写真でも伝わると思うけど、とにかくデザインがかっこいい、かわいい。
思いのほか小さいけどこのサイズがまたいい。
当時、本当に泡のようだからバブルカーと呼ばれてたらしい。
今のバブルカーと全く意味が異なる。
そもそもはイタリアのイソ社が製造していたものをBMWがライセンス生産し
その後BMWの二輪車の245CCのエンジンを搭載したもの。
そうか、やっぱデザインはイタリアか。納得。

BMWイセッタ3

今の若者はクルマに見向きもしない、らしい。
そもそもハイブリッド車という経済効率や環境適合ばかりが優先されている時代。
そりゃ面白いクルマなんかないわなー。
でもこんなクルマみたらきっと驚くに違いない。圧倒的存在感。
過去や歴史というより未来を感じるデザイン、機能。

BMWイセッタ4

デロリアン DMC-12 あの「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」のタイムマシン。

展示は、お台場ビーナスフォート 3F ヒストリーガレージで
11:00-21:00

※なおヴィーナスフォートは、15周年イベントで超盛り上がっている!


カテゴリー
スライド17  wrote by ランシン ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- mayumi-pf - 2014年09月26日 10:35:50

映画だったかアンティーク自動車レースだったか忘れたけど
フロントが全開して乗り込む所を見ました~
可愛いですよね~♥
今私はチンクエチェントが好き

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR