泳ぐのに、安全でも適切でもありません...。

きっかけは、たまに行く西麻布のアナログ・バー。

来年で15周年を迎えるこの店は、
既に何年も前から看板のBARの文字を消してしまった。

MASTER兼OWNER曰く「BARだと思って来る客が面倒」だそうである。

Counterと二つあるTableで満席になる小さなお店なので、
そして他に誰かを雇っているわけでもないので、地味に大人しくお店を続けられれば良いという。

で、このお店をMODELにした小説が江國香織の短編集にあって、
その文庫本の表題が...。

「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」

英語では、
It's not safe or suitable to swim.

泳ぐのに

小説の筋書きは興味のある方が読んで頂ければ...。

玉下が気に入ったのは、
恐らく日本人の感覚でこの表現をすると、単に「遊泳禁止」となるのに、
つまり誰か(自治体とか近隣の学校とか)が
泳ぐのに適さない川や海岸があると「遊泳“禁止”」としてしまうのに、
アメリカでは(小説の中で主人公が見た看板では)、
あくまでも“not safe or suitable to swim”にとどめている点。

泳ぐか否かの判断は、看板を読んだ人に委ねるのです。

世の中が世知辛くなると、人はつい他人に責任を転嫁しがち。
その方が自分を安全圏におけるから。

でも実際に判断をしたのは自分なわけで、
それを「禁止しないのは●●が悪い」とか、
「管理できていないのは●●の怠慢だ」とか、
「こういう結果になることを予測できなかったのか」とか...。

いやいや、その前に自分の目と耳で何も感じなかったの?
自分の経験と知識で考えなかったの?

江國さんの小説は決してそんな堅苦しい内容ではなく、
彼女らしい現代的な恋愛小説なんですが、妙にこのTitleに惹かれました。


あっ、ちなみに西麻布のBARが舞台になっている短編は、
全く違うお話なんですが...。


  wrote by 玉下奴郎 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR