北方『水滸伝』 6回目

いま読んでいるのが、これ。
北方『水滸伝』、全19巻。

 (うわっ、こんなBOXが発売されているとは知らなんだ)

もう6回目になる。たぶん。(7回目かもしれない・・・)

前回書いた「パラレル官兵衛」のせいで、『播磨灘物語』を読むのが遅いので
合間にと思って読み始めてしまったのだ。
1週間に2巻くらいのペース。
ああ、面白い、たまらん・・・読み返すほどに味が出るぞ。

みなさん、ぜひ北方『水滸伝』、読んでみてください。
いや、ぜったい読んでください。
そして、水滸伝について語り合いましょう!

今日はこれにて。


カテゴリー
スライド16 スライド3  wrote by 1961_TM

関連 ■北方水滸伝~序章 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

水滸伝 - ひとしずく - 2014年07月06日 06:33:14

実は私はピアノが専門でして
(誰も聞いてないって(笑))
ピアノを練習していた洋間には、吉川英治の水滸伝が書架にありました。
本好きだったこともあって、片手練習の時、全巻読破しました(笑)
でも私の水滸伝は、中学生の頃読んだ、横山光輝さんの漫画の水滸伝がわかりやすかったです^_^
ところが、あの作品は、もちろん長編で、父が書店勤めで返品する本を読ませてもらったので、通しで読めなくて。
未だに全体像がつかめず、中国歴史通の長男に教わってます。

ひとしずくさんへ - 1961_TM - 2014年07月06日 10:23:22

ひとしずくさん、こんにちは。
ぜひぜひ北方水滸伝、読んでみてください。
女性ファンも多いみたいですし。
長男くんにも期待です!

- Sara - 2014年07月06日 22:34:11

私も北方版水滸伝は知らなかったです。
それがそんなに良いことも。

Kindle版もあるのですね。
今度読んでみようかなぁ。

The long good-byeは全部見ましたよ~。
1961_TMが好きになる気持ちが判りました。

Saraさんへ - 1961_TM - 2014年07月06日 22:59:56

Saraさん、こんばんは。
ぜひ、ぜひ、ぜひ、読んでくださ~い。
どっぷり浸かったSaraさんと会話したい!

Kindle版があるとは知りませんでした・・・
これなら北方中国系の数十冊、すべて持ち歩ける・・・うううっ・・・惹かれる・・・

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR