豪徳寺 招福猫児(まねきねこ)のごりやく再び

先月、豪徳寺に行ってきた。今回が2度目である。
豪徳寺2014_00

前回は、ブログを読み返してみると、2012年の11月だった。
  ■豪徳寺 招福猫児(まねきねこ)
1年と2か月ぶりということか・・・

さて、そのときにご利益(りやく)があったこともブログに書いている。
オータムジャンボのサンキューオータム賞39600円が当たったのだった。
  ■招福猫児(まねきねこ)のごりやく

前回は、きっとご利益(りやく)があるからと勧められていった行ったのだが、
今回は決してそういう「欲」ではなく(笑)
たんに、またあの場所へ行こうという気持ちからだった。(ほんとです)

今回は少し余裕をもって境内を散策することができた。
きんと冷えた空気。人気もほとんどない。清掃が行き届いた境内はさりげなく迎え入れてくれる。
由緒由来など何も知らないし、信仰心とも無縁の僕であっても、
おのずと手を合わせたくなる心地よい時間だった。

前回求めた招福猫児(まねきねこ)は、会社のデスクの後でいまもにこやかに「にらみをきかせて」くれているから
今回は、福銭。中には、清められた5円玉が入っている(らしい)。
豪徳寺2014_01


それから2週間が経ったころ、たまに通る宝くじ売り場の前で思い出した。
ずいぶん前に買ったTOTO BIG。
当選を確認してもらうとしよう。
 (前回のオータムジャンボとほとんど同じ展開だ・・・)
豪徳寺2014_02

6等、570円。
微妙である。実に微妙である。
しかし当たりは当たり。喜ぶべき僥倖だ。
僕の信心や日頃の態度にぴったりと言われると、喜んでいいのか複雑ではあるが・・・

実にオータムジャンボ以来の幸運なのだが、
そのどちらのケースも豪徳寺に行く前に購入していた宝くじが、行った後に当たりが判明している。
偶然だとは思うけど。


ご利益(りやく)を求めて神社仏閣に行くのは決して悪いことではないと思う。
僕もはじめはそうだったけど、その場に行くと、そんな卑しいともいえる気持ちが消えていく。
少なくとも豪徳寺はそんな場だった。

ありがとう豪徳寺。ありがとう招福猫児。


【本日の一曲】 What a wonderful world by LOUIS ARMSTRONG


カテゴリー
スライド12  wrote by 1961_TM ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- 中森 ユウジ - 2014年02月05日 20:16:33

ご訪問ありがとうございます。
もしかして私の記事に拍手打たれました?。

その後、もう少し面白い問題がありましたので、up後一時下書きとし編集して再度upした次第ですが、その途中に拍手が打たれていたのに気が付かず、一時的にではありますが非表示にしてしまいました。
もしそうであればお詫び申しあげます。

ご訪問ともどもありがとうございました。

- kay - 2014年02月06日 08:34:13

豪徳寺…懐かしい!
その昔世田谷小学校に通っていた私です。

ちょっと行ってみようかなぁ。
ご利益期待して(笑)

中森 ユウジさんへ - 1961_TM - 2014年02月06日 09:54:56

中森 ユウジさん、おはようございます。
いえいえ、お気になさらず。
これからもよろしくお願いします。

kayさんへ - 1961_TM - 2014年02月06日 09:56:41

kayさん、おはようございます。
おぉ、地元だったのですね。
ぜひ、行ってみてください。
「大人」になってから行くと、また違って見えるかも。
ご利益があるかは・・・(笑)

祝 - komako - 2014年02月06日 13:18:27

小当たりおめでとうございます!
570円って、なんか意味ありげな数字ですよね。?

- パパ店長 - 2014年02月06日 14:18:48

「当たり」は当たり、素直に喜ぶべきですよね~!!
たとえ僅かな当たりでも・・・「かすった」のとは違います!

人間、「欲」が無いと生きていけない気がします・・・どんな欲であっても。

komakoさんへ - 1961_TM - 2014年02月06日 21:29:13

komakoさん、こんばんは。
ありがとうございます。
いやはやほんと、微妙な金額で・・・(笑)
ま、ありがたいことです、はい。

パパ店長さんへ - 1961_TM - 2014年02月06日 21:31:00

パパ店長!こんばんは。
そうですね、当たりは当たり。

・・・うふふふふ・・・パパ店長の「欲」とは・・・ふふふふふ
 (正解は、パパ店長のブログで・・・笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR