激ウマ!恐るべし白クマラーメン

1960+世代は小学生頃あのカップヌードル「日清食品」の登場をリアルに体験した世代。
言いたいことは、僕らの世代こそラーメン文化とともに歩いてきたということ。
 (だらかこれからの話は興味持ってもらえるんじゃないかな?と)

袋麺においては、ずっとチキンラーメン「日清食品)とサッポロ一番「サンヨー食品」特に塩かなあ?
の二大キングオブ袋麺が続いてきた。
 (個人的には脇役にチャルメラ「明星食品」やワンタンメン「エースコック」などもあるけど)

そしてそこに割って入ってきたのが昨年大ブレークしたマルちゃん正麺。
本物ラーメンに近づけた麺の食感(触感)とスープが売り。確かによくできている。
少々お高いといっても100円。コストパフォーマンスも悪くない。
と、語るも、そこはすべてナショナルブランド(=巨大企業)の力ゆえのお話。

以上の三大袋麺を凌ぐラーメンが、今回紹介する「白クマラーメン」。
まずパッケージ。このユニークなパッケージデザイン。
白クマラーメン_袋
ご覧のようにむちゃかわいい。
かわいいというのは食い物にふさわしくない表現だけど他に言いようがない。
白い袋に入っているものの多くは、お菓子とかチョコとかそのたぐい。

中を取り出すと、麺とスープ。
麺とスープ
麺は4分少々茹でればベスト。スープは湯に溶かし適量で。
普通の袋麺を作るのとなんら変わりはしない。

そして完成がこれ。
白クマラーメン_完成
シンプルで美しい。麺は細麺、スープは塩味。
これが、袋麺の味かと思われるほど繊細で上品な麺とスープ。

といっても伝わらないだろうからぜひ購入してみてくださいな。
一袋150円-170円。マルちゃん正面よりお高いけど、それでも170円。
まあカップヌードルを買ったと思えば許せるでしょう。
ただこの商品を置いてる店はなかなかないので、ネット購入がベスト。
アマゾンでは10袋が1500円くらい。送料無料で買うことができます。
  (藤原製麺 札幌円山動物園白クマ塩ラーメン 112.4g×10袋)

名前の通り白クマラーメンは、あの旭山動物園を応援してます、とある。
そういば、旭山動物園もその独自の動物の日常の見せ方で、メジャーどこの動物園を圧倒している。
戦い方はあるもんだねえ、とつくづく。
それは今のニッポンの企業の戦い方のヒントにもなるような気がする。
山椒は小粒でもぴりりと辛い。よくいったもんだ。


  wrote by ランシン

【本日の記録】 体重73.9kg 血圧:上148 下104

                              【編集人よりお願い】
                              拍手コメントは基本的に編集人(1960_TM)しか読むことができないため、下の〈Comments〉で
                              コメントを残していただけるとうれしいです。励みになります。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- サ・エ・ラ - 2013年04月03日 19:11:42

今日スーパーで見かけたのに、
「なんだこれ!?変なの!どうせキワモノ・・・」
と瞬時にスルーしてしまいました。。。。(>_<)
買っとけばよかった~!

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR