PLESE PLEASE ME / The Beatles

 1961_TMさんが3月22日の“筆休め”で紹介をしていた
ALBUM、PLESE PLEASE ME / The Beatles。
期待されたら書かずにはいられないBeatlesネタなので、ついつい書いてしまいます。

とにかくR&R史上で記念すべき彼らの1st ALBUMなので、
詳しいデータ的な事は様々なWEB SITEやWikiで語られています。
それらを転記しても面白いんですが、それは興味を持った方が検索すれば良いこと。
それでもこれだけはお伝えしたい点がいくつかあります。

■なんと10時間で録音を完了した作品!
1963年2月11日の朝10時にスタジオ入りして、およそ3時間のセッションを3回繰り返しただけ。
わずか10時間弱で10曲をレコーディングしたそうです。
今の新人アーティストに聞かせたいエピソード。
彼らが如何に演奏力もしっかりしていたかが実証されます。
最近、某TV局の音楽番組プロデューサーが“口パク禁止”を打ち出して、ちょっとした話題になりましたね。

デビューしたてのThe Beatlesもアイドル的な捉えられ方をした側面があるけど、
ちゃんとLIVE HOUSEで酔客達に揉まれながら歌と演奏を鍛えられていた…。

ちなみに録音は10曲だけどALBUM収録曲は全部で14曲。
このRecording以前に発売されていた2枚のSingleのA/B面の合計4曲を加えて、ALBUMが完成されました。

■ほとんどの曲は一発録り!
そもそも今の様に48Ch.なんて録音機材は当時にはなく、歌と演奏を同時に2Ch.で録音します。
これが一発録り。
その2トラック分に何かを(例えばコーラスとか手拍子とかピアノとか)足す場合は、
先に演奏した2トラックをMixして片チャンネルにダビングし、そのテープを流しながら追加録音をしていました。
俗に言うピンポン録音という手法です。

Recording当日。Johnは風邪を引いていたうえに、ほとんど歌いっぱなし!
ProducerのGeorge MartinはR&Rの名曲「Twist & Shout」をこの日の最後にして、
そのお陰でこの曲のJohnの絶叫ぶりは神がかっています!

■30週連続チャート1位!そしてその座を奪ったのは2nd ALBUM!
当時のUKの音楽チャート“MELODY MAKER”誌で30週間に渡って1位を独占し、
31週目にこのALBUMの1位を阻止したのは、2nd ALBUM「WITH THE BEATLES」。

その後もUS Single Chartで1~5位を独占するなど様々な記録を打ち立てた彼らの、
記念すべき最初のALBUM Recordですね。

■Jacket Workも秀逸!
このJacket写真はEMI HOUSEの吹き抜けで撮影されたものですが、この時の別テイクがBEST盤に使われました。
少し違います。
PLESE PLEASE ME TheBeatles_Red.jpg
  
で、更に彼らの最後のALBUMになるはずだった“GET BACK”のJacketで、再びこのEMI HOUSEが使われます。
それがこの写真。
GetBack.jpg

このALBUMは結局ボツになったんですが、文字も組み方もメンバーの並びも“PLEASE PLEASE ME”と一緒。
これでALBUM TITLEが“GET BACK”と来た日にゃ、解散が噂されていただけに切ないですねぇ。

ちなみにこの時の別テイクが日の目を見たのもBEST盤。
TheBeatles_Blue.jpg

ほぼ同じタイミングでシャッターを切ったと思うけど、微妙に違います。

…ああ、Beatlesがテーマだといくらでも書きたい事が出てくる。

また別の機会に、玉下が初めてこのALBUMにであった中1の頃の話も書きたい。
だいたい中学生には“PLEASE PLEASE ME”の意味だってわからなかった…。


  wrote by 玉下奴郎
                              【編集人よりお願い】
                              拍手コメントは基本的に編集人(1960_TM)しか読むことができないため、下の〈Comments〉で
                              コメントを残していただけるとうれしいです。励みになります。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2013年03月30日 11:18:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし - 一九六丸 - 2013年03月30日 13:44:40

yukie3さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
Music Cruisingを聴いてくれたのですか!
うれしいです。選曲の玉下さんもよろこんでくれるはずです。


> 行間詰め気味で書くことにします~

・・・(笑) ぜひ!
スクロールがほんとに大変なのです・・・

これからもよろしくお願いします。

お好きだとは聞いていましたが。 - うさまゆ - 2013年03月31日 21:42:30

ここまでお好きとは!
お詳しいとは!!

お見事です。
あらためて、これから色々と教えてください。

ここまで極めて、はじめて「好き」って言っていいのかもしれませんね。
私にはそこまでのもの、ないなぁー。

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR