言葉の本質

僕たち1960+世代は、もう50歳を過ぎている人が多い。
つまり不惑はとうに過ぎていることになる。

僕も40になった時、例にもれずこの言葉を思い出していた。
   「四十にして惑はず」
ご存じ『論語』にある、孔子の言葉。
孔子は40の時に「狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。」と言ったそうな。

我が身を顧みてどうか。
まったくもって未熟の極み。心には迷いばかり、惑ってばかり。
周囲の同年代も「不惑」と言うにはほど遠いヤカラが多いぞ・・・

そこで思った。
この「不惑」という言葉は、40歳になった人間を表す言葉ではなく、戒める言葉ではないかと。
「40にもなったんだから、そろそろしっかりしなさいよ」というわけだ。

こういう見方で言葉を考えると、例えば、
「女らしくしなさい」「男らしくしなさい」などという言葉も、違った意味に見えてくる。

女らしく、男らしくとは何か。
つまり女の本質は「男らしい」、男の本質は「女らしい」。
だからこそ、小さい時からこの言葉をしょっちゅう聞かされ、
女の子はおしとやかにしくてはいけないし、
男はくよくよしたり、泣いてはいけないと「学習」するのではないか。

「人は女に生まれるのではない、女になるのだ。」 ボーヴォワールのこの言葉に改めて納得する。


「女々しいやつ」とは、実は男の本質を指しているのかもしれない。
強く、逞しい男を演じるのって、けっこう疲れる。
だから自分にないもの=ハードボイルドな男なんかに憧れてしまったりする。・・・そうじゃない?諸兄(笑)
「人は男に生まれるのではない。男になるのだ。」

男女の別れにおいてよく言われること。
男はくよくよ・・・それこそ「女々しく」長いこと思い悩み、
女は気分転換をしっかりはかって「男らしく」きっぱり立ち直りが早い。これも納得しません?

言葉は、本質を表し、さらにそれを戒める教えをも含んでいる。
そう思っていろんな言葉を眺めると、おもしろい。
読者諸兄、思い当たる言葉があったら教えてください。みんなで考え、笑いましょう。


さて、僕たちは、不惑と還暦の間。
60年で生まれた年と同じ干支に還るから還暦。赤ちゃんに還るとも言われるらしい。
どんな「赤ちゃん」になることを目指すかな?
・・・不惑の域にすら達していないかもしれないけどね。


  wrote by 1961_TM
                              【編集人よりお願い】
                              拍手コメントは基本的に編集人(1960_TM)しか読むことができないため、下の〈Comments〉で
                              コメントを残していただけるとうれしいです。励みになります。よろしくお願いします。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

この記事へのコメント

- そふぃーおばさん - 2013年01月27日 08:32:45

おはようございます。
今日の記事、私も全く同感です(笑)
個人差はあるにしても女性の方が肝が据わっってる気がするし、
別れにおいても、「男の恋はファイル保存、女の恋は上書き保存」と
言われるのも納得です(^_^;)
(私だけじゃないよね~^^;)
「不惑」の域に達することなく赤ちゃん還りをしてしまいそうですが
肉体的な衰えには逆らえないまでも
歳をとるのも悪くないな・・・と思う域には達しました(笑)

- さおとめ孫六 - 2013年01月27日 13:17:09

こんんちは!!
40歳 不惑 どころか あと少しで50歳というのに 
欲は あるは???・・・迷いだらけだし・・・・。。。。

中々 煩悩 は なくなりません(笑)

ただ、、、、 体力だけは 確実に 落ちてますな==!!

拍手コメ ありがとう ございました!!

- 麻衣 - 2013年01月27日 13:51:07

すっごい納得!
男らしく、女らしくとはまさにそう受け取れますね~
私も本質は男らしい。。^^;
でも女は年を重ねると演じる事を忘れる人もいますね
あ、今は若くてもそうかな(^_^;)

お礼 - 1961_TM - 2013年01月27日 17:33:52

そふぃーおばさん、さおとめ孫六さん、麻衣さん、ありがとうございます。
不惑を10年以上過ぎても、あたふたフラフラしていて、ホント大丈夫?と思いながら、年を重ねているわけで・・・(苦笑)
僕も「女らしい」本質を隠して、「男らしく」生きたいですね。
そふぃーおばさん、麻衣さん、「女らしく」を忘れずに!(笑) 素敵に歳を重ねてください。

- トマトの夢3 - 2013年01月27日 20:15:52

ご訪問 ありがとうございます。

「女々しいやつ」とは、実は男の本質を指しているのかもしれない。
納得です・・・。 男になれていないのでしょうね ← 持論

- 1961_TM - 2013年01月28日 10:19:41

トマトの夢3さん、ありがとうございます。
はい、僕も男になれていません・・・きっとずっとなれないのかも、と思ったりします。

ブログの本筋と逸れて恐縮ですが。 - うさまゆ - 2013年01月29日 21:23:41

拝読して、短大時代に
ボーヴォワール「第二の性」
を“読まされた”ことを思い出しました。


…全く内容覚えていないですね、私。

いつか再読してみます。

- 1961_TM - 2013年01月29日 21:59:12

しなくていいです~
男女同権とか、フェミニズムとか、ジェンダーとか・・・
それよりもっと面白い本にしましょう!(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR