豊洲水彩祭り 総括

早いもので一週間。なんとなく秋の気配も感じる気候となってきました。
先週土曜日の豊洲水彩まつりから一週間。
祭りのあと、実行委員の皆さんとの反省会での話を含め総括的にご報告します。

まず、当日の参加者(訪問者)数は約1400名、ただ地元のファミリーの方がメインでたぶん1/4はキッズ。
もちろんキッズ向けの催しも用意されていたことも一因ですが。
ご報告した通りプレイ曲はざっと50曲。
今週行われた反省会で実行委員会から頂いた言葉は
「 過去の祭りでBGM音楽を考えたことは無かった。今年初めての試みだったがお客さんもたいへん喜んでもらうことができ大成功。過去の祭りと一味違ったお祭りになった。イベントに厚みができた。ぜひ来年もお願いしたい」と。
こんなに喜んでもらうことができ、ありがたい言葉を頂いた。

音楽が無くても何も生活に困るわけではない。
けれど、1961_TMさんの言うとおり音楽は景色を変える、気分を変える。
音楽があることで心が豊かになる。
そういえば、僕ら1960+世代は音楽を初めて家の中から外に持ち出した世代。
ウォークマンという音楽兵器をもって。
walkman.jpg

あの時の経験は忘れない。それはそれは驚いた。
自転車をこぎながら、ヘッドホンから流れる音楽に、景色が流れ気分が高まった。
それは今までにない体験で毎日慣れ切った平凡な通学がなんだか楽しみな通学になった。
あれから30年。僕は音楽の無い生活に慣れ切っている。


今回のお祭りは昼間の太陽の照りつける時間から夕暮れになりやがて夜空の星が輝く時間まで、
その景色が変化するにあわせて音楽が流れ続ける時間を体験したのだが、
一番楽しんだのは僕らだったのかもしれない。
あらためて空の下、大音量で自分たちの聴きたい音楽を聞くことの爽快感を実感した。


玉下さんが僕らのことを「チンドン屋」と言っているが、まさにその通り。
僕らは無限の楽曲を持っていつでもどこでも出かけて行く。そこに音楽を楽しんでもらえる人がいる限り。
今回実感したのは、こういう時間を実は僕ら1960+世代が一番望んでいるんじゃないかと。
ウォークマンで音楽を外に持ち出しディスコの大音量に体を委ね、まさに音楽で生活を楽しみ豊かにした世代だもの。
今はそれぞれの生活に追われ無味な一日を過ごす毎日。
もう一度あの時のあの思いを実感したいものだ。


豊洲水彩まつり、ほんとうにありがとうございました。
自分たちにとっても楽しい体験となりました。
来年はさらにパワーアップしてお祭りに参加したいと思います。

■豊洲水彩まつり2013関連エントリー


【本日の一曲】 「風は西から」 奥田民生


●この楽曲について1960_TMより追記
マツダの企業広告のオフィシャルソングになった「風は西から」のミュージックビデオ。
衝突実験用のダミー(人形)が主人公。
僕は20年以上も前から、クルマの数々の衝突実験映像を観る機会があった。
このビデオは、泣ける・・・


カテゴリー
スライド15 スライド2  wrote by ランシン

【本日の記録】 体重72.6kg 血圧:上135 下92

                              【編集人よりお願い】 1960+3人、拍手&コメントを励みにしています。どうぞよろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

豊洲水彩まつり2013 レポート4~Play Listです!

では高齢に則り、いや恒例に則り、豊洲水彩まつりのPlay Listです。
ちなみに★印は会場及びFace Bookの“1960+”へいただいたリクエスト曲。
選曲をしていて、こういうリクエストを戴くと凄く嬉しいです。

[Pre-Openning] Sparkle by 山下達郎

[M.01] アトムの子 by 山下達郎
[M.02] ASAYAKE by CASIOPEA
[M.03] Feels So Good by Chuck Mangione
[M.04] Ready To Fly by T-高中正義
[M.05] 君がくれたものの by ZONE ★
[M.06] リバーサイドホテル by 井上陽水 ★
[M.07] 東京 by マイペース ★
[M.08] コバルトの季節の中で by 沢田研二 ★
[M.09] 時の過ぎ行くままで by 沢田研二 ★
[M.10] Driver’s High by L'Arc~en~Ciel ★
[M.11] ルージュの伝言 by 荒井由実
[M.12] Sugar Loaf Express by Lee Ritenour
[M.13] ペパーミント・ブルー by 大瀧詠一 ★
[M.14] Misty by Ray Bryant ★
[M.15] Take The A Train by Duke Ellington
[M.16} Early Autumn by Stan Getz
[M.17] バンザイ by ウルフルズ ★
[M.18] 遠くで汽笛を聞きながら by アリス
[M.19] Energy Flow by 坂本龍一 ★
[M.20] Englishman in New York by Sting
[M.21] Saturday In The Park by Chicago
[M.22] 夏の終わりのハーモニー by 井上陽水 ★
[M.23] Sunday Morning by MAROON 5 ★
[M.24] シングル・アゲイン by 竹内まりや
[M.25] Ribbon in the Sky by Stevie Wonder
[M.26] Cause We've Ended As Lovers by Jeff Beck
[M.27] Winelight by Grover Washington Jr.
[M.28] Change The World by Eric Clapton
[M.29] Moon River by Henry Mancini -Candle Show BGM-
[M.30] エトピリカ by 葉加瀬太郎 -Candle Show BGM-
[M.31] Ribbon in the Sky by Stevie Wonder -Candle Show BGM-
[M.32] What A Wonderful World by Louis Armstrong
[M.33] Night Birds by Shakatak
[M.34] Birdland by Weather Report
[M.35] Lowdown by Boz Scaggs
[M.36] What You Won't Do For Love by Bobby Caldwell
[M.37] Don’t Worry, Be Happy by Bobby McFerrin
[M.38] After the Love Has Gone by David Foster
[M.39] Fly Over The Horizon by Azymuth
[M.40] Just The Two Of Us by Grover Washington Jr.
[M.41] Rise by Herb Alpert
[M.42] Sun Goddess by Earth Wind & Fire
[M.43] Lowdown (Unplugged) by Boz Scaggs
[M.44] So What by Miles Davis

新旧洋邦取り混ぜて、Pre-Openningも含めて45曲。
お好きな曲はあったでしょうか?


ところで1961_TMさんが書いていたブログに呼応する話。
水彩まつりの翌日、日曜日。
玉下はカミさんと二人で代々木八幡のお祭りへ行きました。
代々木八幡例大祭

ここは小学生の頃から今日に至るまで、ほぼ毎年行っているお祭り。
まぁ、玉下は結婚して引っ越しをしてしまいましたが、
ここは小学校から中学までを過ごした場所で、ちょっとしたノスタルジーなわけです。

ところが今年はなんだか寂しい気がしました。
縁日のお店も例年通りたくさん出ていたし、もちろん人の出が少ない訳でもないのに...。

で、お祭りの帰りに新宿で買い物でもと思ったら、新宿通りで御神輿に遭遇。
歩行者天国を法被姿の若い衆(実際は中年もいますが)が、掛け声を勇ましくあげながら練り歩いています。
そして路地には露店がズラ~と出ています。
あっ、わかった!お囃子の音だ!
新宿にはあったのに、なぜか代々木八幡で聴こえなかった!
事情はわかりませんが、代々木八幡では流れてなかったんです。

それだけで、“お祭り”感が全くちがった。
(カミさんと一緒にこの違いが解って、妙に得心して帰宅をしました)


音楽がなくても僕たちは困らない。
でも、音楽があると、景色が変わる。
祭りに集った人々は音楽を聴きに来たわけではないけど、
そこに流れていた音楽によって、気分が変わった人が少しくらいいたはずだと信じたい。
(1961_TMさんより、ちと弱気...)

では
【本日の一曲】 水彩まつりで夜の時間帯にかけたかったけど、時間がなくて割愛した曲。
「野獣死すべし」 by 岡野等


ん、カチョイイ。公開当時、観てすぐシングル盤(45回転のレコードです)を買いに行きました。
でもこの曲を聴くシチュエーションは、どちらかというと50階に位置するBARかな...。


カテゴリー
スライド15 スライド2  wrote by 玉下奴郎

                              【編集人よりお願い】 1960+3人、拍手&コメントを励みにしています。どうぞよろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

豊洲水彩まつり2013 レポート3

遅くなりました。
レポートの3は、夕暮れ後の様子です。

豊洲水彩まつり06 豊洲水彩まつり07
日が落ちると、晩夏というより、もはや秋。
運河からの風も涼しく、どんどん参加者も増えてきた。

豊洲水彩まつり08 豊洲水彩まつり09
「ペットボトルキャンドルアート」が点灯。月と波をイメージされたということで、
点灯の瞬間に流した曲は、「Moon River」。どストライクである。わはは。

「フォトコンテスト」の表彰式用に急遽依頼された、ドラムロールとファンファーレ。
ステージが見えなかったため、タイミングが計りにくかった(汗)

などなど、後半はイベントのBGM、SE担当に終始した感があったけど、
主催サイドからの評判は、上々だった。(と思っておこう)

祭りがお開きになった僕たち3人は、豊洲在住の方に招いていただき、マンション高層階のラウンジへ。
豊洲水彩まつり11
さすがに50階を超える高度からの東京の夜景は、圧巻。
ラウンジからベランダに出ることができる(!)ので、外に出て撮影したが、下を見ることはできなかった。
めちゃめちゃこわい。


今回の総括はランシンさんに、プレイした曲目は玉下さんにお任せするとして
僕の感想を少しだけ。

1960+NIGHTのように「80年代Musicを聴こう」という場ではなく、
老若男女が、どばーっと集う祭りに対応する選曲は、とても大変だったと思う。(玉下さん、本当にご苦労様でした)

音楽がなくても僕たちは困らない。
でも、音楽があると、景色が変わる。
祭り集った人々は音楽を聴きに来たわけではないけど、
そこに流れていた音楽によって、気分は確実に変わったはず、と信じよう。


【本日の一曲】 豊洲でプレイした一曲。
What a wonderful world by LOUIS ARMSTRONG


カテゴリー
スライド15 スライド2  wrote by 1961_TM

                              【編集人よりお願い】 1960+3人、拍手&コメントを励みにしています。どうぞよろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

豊洲水彩まつり2013 レポート2

夕暮れ。
あたりはきれいなピンクに染まりつつある。
豊洲水彩まつり_運河クルーズ2

「運河クルーズ」は大盛況。
3時の予約開始からすぐに完売してしまったようだ。

豊洲水彩まつり_卓

僕たちのところにもリクエストが途切れることはない。
プレイした曲は後日アップしますが、
実にさまざまな人が、さまざまな曲をリクエストしてくれる。

例えば年配の男性は、竹内まりや「シングルアゲイン」、
日本語が堪能な外国の男性(子ども連れ)は、ウルフルズ「バンザイ~好きでよかった~」、
Maroon5の「Sunday Morning」、井上陽水&安全地帯「夏の終わりのハーモニー」、などなど。

豊洲水彩まつり_キャンドル 豊洲水彩まつり_フォトコンテスト
「ペットボトルキャンドルアート」や「フォトコンテスト」など、イベントもいろいろあって、
どんどん人が増えてくる。

まだまだ18時を過ぎたばかり。
お楽しみはこれからだ。

カテゴリー
スライド15 スライド2  wrote by 1961_TM

                              【編集人よりお願い】 1960+3人、拍手&コメントを励みにしています。どうぞよろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

豊洲水彩まつり2013 レポート1

いい天気である。
3連休の初日、「豊洲水彩まつり2013」に1960+として参加するために豊洲に向かった。

豊洲駅を降りる。
さすがにいま注目のスポットであり、新しい住宅地でもある豊洲。
東京オリンピックに向けて、さらに注目されるんだろーなぁ。
豊洲水彩まつり02 豊洲水彩まつり03
かっこいい高層マンションのはざまから見える青空の下、少年野球がすがすがしいぜ。

豊洲水彩まつり04 豊洲水彩まつり05
ライヴに向けてギターの練習をしている芝浦工大の学生さん。
僕たちは早くも1本(笑)

15:00に祭りはスタート。
玉下さんの選曲、1発目は、山下達郎「Sparkle」そして「アトムの子」へ。

MCを務めるのは、バディ田中さん。ええ男やのぉ。
豊洲水彩まつり_バディ田中さん

田中さんの呼びかけで、リクエストも続々いただいています!
豊洲水彩まつり_リクエスト

さて、これからの展開は!?

カテゴリー
スライド15 スライド2  wrote by 1961_TM

                              【編集人よりお願い】 1960+3人、拍手&コメントを励みにしています。どうぞよろしくお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
NEXT≫
プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR