IQOS、はじめました

禁煙の波とともに、電子タバコの波が押し寄せていて、
そんな波に半ば乗りつつ、主流に逆らってみようかと1年ほど前に手を出したのが
JTのPloomTech(プルームテック)だった。

しかしながら、本物のたばこに置き換わるなんてことはまったくなく、
かえってニコチン摂取量が増えたのではないかという始末。

そんな中、先月、私の誕生日だからと、ICOS(アイコス)の新型である2.4モデルをプレゼントしていただいた。
 (ありがとー!)

アイコス

PloomTechとIQOS。
どちらも、とっても頭がいい人が技術の粋を集めて開発したのであろうが、
JTは、たばこを吸う人の実態や気持ちを実のところ、わかっていないのではないか。
なんでもガラパゴスにしてしまう、いかにも日本的な製品だと思える。

かたや、IQOSは、米国フィリップモリス製。
たばこを吸う人の、気持ちや時間の流れ的なリズムがわかっていらっしゃる。脱帽。

IQOSをはじめてから1か月弱。
まったく違和感なく、すっかりIQOSのみとなっている。
PloomTechは、お蔵入り。
 (ランシンさんが欲しいと言っていたから、差し上げようっと。)


IQOSで、唯一の不満は、「くわえたばこ」ができないところ。

yuusaku3.jpg ←こんなにかっこよくはできないけどね。

元来の「ながら族」として、たばこをくわえながら、あれこれ、いろいろしていたものだが、
IQOSは、片手が完全にふさがってしまうのだ。まぁ、しょうがないけど。

はてさて、IQOSライフ、いつまで続くかな。


追記・・・ランシンさんの近況

先日、ランシンさんが数日間の出張ということでの帰京しました。
忙しい中、玉下さんと僕の3人は、中華系食堂に集合。
餃子三昧に浸りながらの近況報告会となりました。
とある地方都市の現状を憂いつつ、新しい環境で頑張っています。
またの機会を楽しみに。


カテゴリー
スライド12 wrote by 小李富
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

あの人は行ってしまった

あのぉ人は行って行ってしまったぁ~♪

みなさん、お久しぶりです。
小李富です。
ランシンさんの7回に渡るブログ、お読みいただけましたか?

ランシンさんは、とある地方都市に転職していきました。
60歳を目前に、60歳からの生き方を模索し続けて出したひとつの結論です。

玉下さんや僕のように、目前の事項をこなすだけで精一杯。
 (玉下さん、一緒にしてすみません(笑))
できれば目前の事項に目をそらしつつ・・・という生き方とは正反対と言ってもいいような考えで
ほんと、まじめに考え、日々行動していました。

50の半ばを過ぎて、運転免許証を取得し、家族を東京に残しての単身赴任。
オンボロの軽自動車(らしいです)に初心者マークを貼り付け、
自身もまったく初めての職業にのぞむわけで。
初心者マークなど

クルマも仕事も初心者マーク。
人から言わせれば、ランシンさんの乱心かもしれないけれど
高齢者マークをつけるまでには10年以上あるから、
まだまだおれたちゃ「やれるぜ」。(たぶん)


ということで、ランシンさんの活躍に期待しつつ。
そして、この1960+も、ぼちぼちこんな感じで続けつつ。

みなさま、これからもどうぞ御贔屓に。


カテゴリー
スライド12  取り急ぎ乱文にて by 小李富

おまけ。冒頭の唄。



あのぉ人は行って行ってしまったぁ~♪
あのぉ人は行って行ってしまったぁ~♪
もう帰らない~

ランシンさんは、9月に早くも東京出張があるらしいので、
もう帰らない~ではないのだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

優先席考。

優先席を巡るトラブル。
譲れ譲らないとか、
譲ったらバカにするなと怒られたりとか...。

先日、朝の通勤電車で見かけた光景。
入線前にホームで整列している先頭二人。
明らかに70歳前後の男性。他人同士。
電車が停車して、それぞれ乗り込む。
ドアを入って右手は優先席。
かなり空席があります。
入って左手に普通のシート。
少し空席があります。

電車内イメージ

で、この二人が二人それぞれ普通のシートに着席。

おいおい、あなた方が優先席に座れば、
普通の乗客は良心の呵責なく、
普通のシートに座れるんだよ。
気づけよ!

そりゃ気持ちも仕事も現役だから、
こんな時間に電車に乗ってるかも知れないけど、
明らかにあんた達が優先席に座れば、
世の中の秩序が平和に保てるんだよ。
空気読めよ。

まぁ、玉下のココロが朝からギスギスしてるから、
こんな事を考えてしまうんですね。
でも、座って眠りたかったんだけどなぁ...。


カテゴリー
スライド12  wrote by 玉下奴郎

---------------------------------------------------------
追記 wrote by 小李富

このブログを読んで、玉下さんにメールした。

高齢者が優先席に座らないのは
できるだけ優先席を空けておいて、次の高齢者へのキャパを確保している、
という考え方もできるわけで。

すぐに玉下さんより返信。

なるほど、やはり玉下の発想がギスギスしているんですね。

どちらの考え方もあるけれど、
玉下さんがとっても疲れているのは確かですね。

みなさんは、どう思いますか? ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

たぶん6度めの豪徳寺

僕らおっさんたちのGWは、それぞれ一般的ないわゆる楽しい連休ではなかったようだ。
僕も仕事に追われていたわけだけど、最終日くらいはと出かけたのが豪徳寺。
たぶん6回目。
過去のブログにも何回か書いている。
  ■豪徳寺 招福猫児(まねきねこ)
  ■招福猫児(まねきねこ)のごりやく
  ■豪徳寺 招福猫児(まねきねこ)のごりやく再び
  ■年末年始の寺社仏閣めぐり

何度訪れても、ここは落ち着く。
信心深いわけではなく、なにを見るとか、なにをしたいとか、
そういう目的があるわけでもない。
ただここにいるだけでいい。
歳のせい、とは思いたくはないんだけど。

201705豪徳寺03 201705豪徳寺04 201705豪徳寺05

今回の発見は、三重塔にあった猫の彫刻。
いままでまったく気がつかなかったのは、
ただただここの空間でボーっとしていることの証だね。

201705豪徳寺02

ともあれ、いいGWだったということにしよう。
最終日、気持ちのいい時間を豪徳寺で過ごせたのだから。
終わりよければ全てよし。ということで。


おまけ
201705豪徳寺06
世田谷線 三軒茶屋駅 改札の手前にある小さなお店で大判焼きを買う。
これを豪徳寺の境内でパクリ。(境内で飲食していいのか?)
ああ、たい焼きといい大判焼きといい、あんこものはいいなぁ。


カテゴリー
スライド12  wrote by 小李富
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

徒然な5月6日の午前…。

5月連休中、唯一午前中に家で過ごせる2017年5月6日、土曜日。
小李富さんがメールをブログとしてあげてくれたのを機に、
何ヵ月ぶりかでブログを目的としてPCに向う。

個人で仕事をしている身としては、週末の休みとか連休はほとんど意味をなさない。
良く解釈すれば、好きな時に休めばよいし、朝だって仕事場へ向かう必要はない。
でも言い換えれば、仕事場へ行って勤怠の管理表に時間が記録されるのが、
そのまま収入に反映されるわけでもない。

そんなジレンマを感じながらの5年間で、なんとなく休みの過ごし方が変わった。
そもそも、厳密な意味での“休み”はなく、
便宜的に「今日はアポがないから…」とか、
「今日は現場がないから…」とか、
「今日はプライベートな予定があるから…」という理由をつけて、結果的に休みと意識して“休み”を享受する。

まぁ、こういう休み論だけでもブログを1本書けるかもしれないが、
そもそも個人で仕事をしていない人には、あまりピンとこない話題。

とはいえ56歳のオッサンが、土曜の午前中をどう過ごしたかも、全く意味も教訓もない話題ですが、
今回のブログは徒然に、自身の日記感覚で…。

10時に三十路を越えている長男に起こされる。(独身で同居)
カミさんは仕事に出かけていて、大学3年の長女は授業…。
そう、なんと今日は暦の上では平日なので、大学はちゃんと授業をやっています。
(ちなみに次男は既婚なので独立しています)

で、昼過ぎまで家で過ごせるなぁと眠いアタマで考えながら、朝食を採るべく冷蔵庫を開けます。
いや、厳密にはその前にタバコを一服。
普段は起床~朝食~新聞+一服だけど、今日は自分で朝食の準備をするので、先ずは一服。

そこでなんとなく思いつく。
午前中は太陽の光を浴びている時間に相応しい過ごし方をしよう。
部屋の片づけは夜中でも出来る。
録画した番組を消化するのも、夜中に出来る。
酒、はちょっと魅力的だけど、そもそも午後から仕事だし…。

思いついたので先ず、
ひょんな機会で手に入れた映画のサントラをCD PLAYERに入れる。
2014年に公開された『グランド・ブダペスト・ホテル』。

グランド・ブダペスト・ホテル

音楽はアレクサンドル・デスプラなる人による作品ですが、全くどんな人かは知りません。
単にこの映画が大好きで、ついDVDまで買ってしまって、そしたらある方からサントラのCDをいただいて…。
ご興味がある方は、Wikiか公式HPをご参照ください。

日本では単館公開ながら、ロング・ヒットになった記憶があります。
ストーリーも映像も登場するキャラクターも魅力的なのですが、中々一筋縄ではその面白さを説明できない…。

あっ、話が逸れましたが、とにかくそのサントラを聴きながら、
次に手を着けたのが珈琲豆です。冷蔵庫を空けて思いつきました。
珈琲が好きなので毎日かなりの量をのみます。
缶は余り好みではないのですが、カフェと喫茶店へよく行きます。
とはいえこだわりはほとんどないので、〇〇のは不味いとか、○○じゃなきゃ認めないというのは一切ないです。

家でもインスタントがあればインスタントでも良いのですが、出来るだけ豆を買って挽いて淹れます。
(平日はカミさんに淹れてもらっていますが…)
で、ちょっと思いついて、豆を挽きました。

コーヒーミル

一日お休みで、時間に余裕があるときは、生豆を煎ることも好きなのですが、
(部屋中が珈琲の香りで満たされます!)
そこまでの余裕はないので、豆を挽いて濃い珈琲を飲みました。

サントラが2周り目に入る頃に新聞も読み終わり、
そうは言っても何か建設的なことをひとつくらい済ませようと思い、このブログを書くことにしました。

まだ出かける時間には少し余裕があるので、一日遅れの子供の日にちなんで、
隣駅に住んでいる我が両親(共に80歳を越えて、一応は健在)に、会いに行ってみようかなどと思いはじめました。

これも日差しの効果でしょうか?

嗚呼、また仕事に出かけるとあれやこれやの案件の絨毯爆撃に遭遇するなぁ…。

でもまぁ、なにも仕事がなくて収入もなくなって…
と想像すると現状は有難い状況です。

ではまた近々、Sir PAUL McCARTNEYについてでも書こうと思います。


カテゴリー
スライド12  wrote by 玉下奴郎 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
NEXT≫
プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR