オトナのトミカ・・・ホンダS660

月見が似合う季節になった。
日中はまだ熱さは厳しいけれど、夕刻ともなると時折の涼しい風がなんとも心地よい。
これからの季節、最高の乗り物がオープンカー。
風を感じ、風と一体となる。なんとも言えない爽快感。

スポーツカー市場はここ数年大きく販売台数を伸ばし、昨年は5年間の7倍の4万2500台。
500万台という新車販売衣台数からすれば1%にも満たない小さなマーケットだけれど、
その姿(外観デザイン)がかっこいいものだから、街で目立ち、存在感は抜群。
販売を牽引するのは、50代のオヤジたち。
カッコよく言えば、アクティブシニアだが、子育てを終え、
会社人生も何となく先が読めた、人生後半悟り世代。
(団塊世代と異なり決して裕福ではなく、プチしあわせ感に満足する世代だ。)
まさに自分がリアル世代なので実感する。

あの頃…20代の僕らにとって、なくてはならないものが、バイクでありクルマだった。
友人や彼女を乗せ、そこらじゅう駆け巡った。今の同世代の若者達とは全く異なる毎日だった。
当時、何十誌もあったバイク、クルマ雑誌は若者達のバイブルで、
何冊も食い入るように読みあさり、友人と会話も雑誌で仕入れた知識の語り合いだった。
それほどバイク、クルマ三昧の日々だった。

メーカー各社も挙って新車を出し、僕らをワクワクさせてくれた。
特にホンダはまさに時代のパイオニアで、デザインも技術も他社から一歩も二歩も抜きん出ていた。
あの時代から30年、そんな僕らをターゲットに、
「あの時の夢の実現」と各社一斉にスポーツカーを投入し、今のマーケットができている。

そして、ホンダが2015年S660を発売した。
それは、1996年に販売を中止したビートの後継として約20年ぶりに搭乗した軽のオープンカー。
ワクワクするデザイン、技術で、久々にホンダらしいくるま。
開発責任者も入社4年目の弱冠27歳の若者。こうした大胆な若手の起用もホンダらしい。
やっぱりこうでなくっちゃ、ホンダは!

トミカ_im01

最近のホンダは、あの頃の元気や勢いがなく残念な気持ちでいっぱいだったから、このS660の登場はなんともうれしい。
当の自分も、トミカのS660を眺めて楽しんでいる場合ではない。
さっさとこの車を購入し、あの頃のように、ノーテンキにドライビングを楽しまなくては。

カテゴリー
スライド13  wrote by ランシン

ランシンの【トトナのトミカ】シリーズ
●君は「アスタコ」を知っているか!
●オトナのトミカ・・・ トヨタ車体 コムス
●オトナのトミカ・・・北陸新幹線E7系
●オトナのトミカ・・・JAXA はやぶさ2
●オトナのトミカ・・・サンダーバード1号


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

オトナのトミカ・・・サンダーバード1号

前回は驚きのトミカJAXAはやぶさ2を紹介したけれど、またまたトミカに驚かされた。
今回はサンダーバード1号。
やるなあ、トミカさん!

サンダーバード1号1 サンダーバード1号2

自分が何歳の時だったか正確な記憶がないけれど、
テレビにかじりついて見ていたことをは、しっかり覚えている。
「フォー、スリー、ツゥー、ワン、ブワッワッー!サンダーバード青く開く・・・・」で始まる主題歌。
ちょっと気持ち悪い5頭身位の人形の動き。
(みんなイギリス人?天才科学者、ブルーのメガネのブレインズは印象的だった。)

そしてスーパーメカの各々。
調べてみると、1966年から1967年に放送されていた特撮テレビシリーズ。
(ということで私は当時6~7歳ということが判明。)
しかもNHK。
民法だと思っていたが、まさかのNHK、教育番組?人命救助がテーマだから?これも驚き。

実は、当時私が一番好きだったスーパーメカは、サンダーバード2号。
濃緑色の機体、存在感たっぷりの外観デザイン。
コンテナポットには黄色のサンダーバード4号が格納されていて、そのメカが出てくる様はカッコよかった。
サンダーバード2号は、他のどのメカより圧倒的人気を誇っていた。(と思う。)

さて、サンダーバード1号。
大人になった私の一番人気。
全長35mの超音速原子力ロケット機。
時速約24,000kmの超スピード。
地球上のあらゆる場所からの救助要請を受けても、1時間以内に到着できるように設計されている。
登場シーンもカッコいい。
トレーシー邸のプールが発射前にスライドして発射口が開き、垂直に飛び出してくるのだ。
ボディカラーもとてもおしゃれ。
機体全体のボディ色がシルバーで先端が赤、後方部分が青色のアクセント。高性能、スマート感もばっちり。

サンダーバードシリーズの雄姿や音楽はYouTubeで容易に見ることができる。
すっかり忘れているストーリーも思い出す。
1960年代、月面着陸のアポロなど、世界が宇宙を夢見ていた頃を懐かしく思いながら楽しめる。
いやー、あの頃はほんと良かった!






カテゴリー
スライド13  wrote by ランシン

『上品倶楽部』WEB もよろしく! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

オトナのトミカ・・・JAXA はやぶさ2

ここまでくると、トミカに脱帽。
「下町ロケット」少し前の「宇宙兄弟」。
もちろん感動の根本は主人公(達)の生き様だけど、宇宙というなんとも夢のようなテーマも、重要な感動要素だ。

宇宙と言えば「はやぶさ2」。
2014年12月3日、種子島宇宙センターかららH-IIAロケットで打ち上げられ、日本中が注目したのは記憶に新しい。
当時、「は・や・ぶ・さ」という名前だけが先行して、正直私自身なんのことだか全くわからなかった。

深く知るきっかけになったのは、トミカショップで見つけたこの商品だ。
「えっ、こんなのもトミカ?」の驚きで思わず手にした一品。

はやぶさ

「はやぶさ2」はJAXA(宇宙航空研究開発機構)が開発した小惑星探査機。
いろいろ調べているうちに、1969年、当時小学5年生だった暑い夏の日、
アポロ11号が月面着陸したニュースで周囲が大騒ぎし、
「あ の月に人が?!」と夜空を見上げ、宇宙が身近になったとふわふわしていたことを鮮明に思い出す。
もう半世紀近く前のことだ。(読者の方にもこのご経験があるか方もいらっしゃると思う。)

「宇宙」という言葉が持つ、夢、希望、可能性、無限大のイメージ。
確かに政治や経済が不安定で日々の生活に追われる現実の中、
莫大なお金を使っての夢のような宇宙研究開発については、賛否が問われるところだ。
しかし、地球や宇宙サイズで自分の存在を考えてみると、なんともなんともちっぽけな人間や自分の存在を知ることになる。
そうすると日々の些細なことに悩んでいる自分が、ばかばかしくもなる。
宇宙観をもつことで、不安に恐れることなく穏やかに生活をすることを教えられる。
「宇宙」という言葉は、辛い現実を癒してくれる大事な言葉なのだ。

この「はやぶさ2」、2018年には地球近傍の小惑星「リュウグウ」に到着し18か月の滞在後、2020年、
そう東京オリンピック・パラリンピックの年に地球へ帰還予定とのこと。
これまた、なんとも感動的だ。
2016年。宇宙的な思考や視野で穏やかにこの年を過ごしたい。


カテゴリー
スライド13  wrote by ランシン

『上品倶楽部』WEB もよろしく! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

オトナのトミカ・・・北陸新幹線E7系

2016年3月26日に、北海道新幹線(新青森駅~新函館北斗駅間)が開業した。
そのほぼ1年前の3月14日には北陸新幹線が開業している。

北陸新幹線E7系

新幹線の名称など大人(?)の問題で物議をかもした時期もあったが東京から長野を経て、
富山・金沢まで(最速)2時間28分で結ぶこのルートの開業はなんともうれしいニュースだった。

その信濃・北陸を走るE7系、なんといっても車両のデザインがすばらしい。
監修したのはエンツォフェラーリのデザインを担当した奥山清行史氏。
そりゃ凄いはずだ。

キーワードは「和の未来」、日本の伝統文化と未来をつなぐというコンセプトらしい。
車内各所には北陸エリアの伝統工芸や色使い、文様が用いられているそうだ。
グランクラスというファーストクラスの指定席も用意され、これがまた豪華。
通常指定料金の倍の料金設定らしいが、それだけの体験価値は十分あるように思う。

訪日外国人は増え続け、2020年には2000万人が訪れるという。
銀座で爆買が話題となっているが、日本の魅力は東京・京都に留まらない。
それこそ、この北陸新幹線ルートは日本の素晴らしい自然、伝統文化・伝統工芸、そして食の宝庫だ。
訪日外国人だけではなく、我々日本人が一度は訪れなければならないエリアに違いない。

「地方創生」の国あげての取り組みが盛んな折、この北陸新幹線E7の役割、任務は大きい。
日本の地方観光資産の中を日本の最高水準の技術的デザイン的プロダクトが走り抜けるのだから。
今はデスクの横におかれているE7系も
近い将来、誇らしげに訪日外国人の方にお見せする機会が来ることを楽しみにしている。


カテゴリー
スライド13  wrote by ランシン

『上品倶楽部』WEB もよろしく! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

オトナのトミカ・・・ トヨタ車体 コムス

世界中がVWの排ガス偽装問題に揺らぐ昨今の自動車業界。
こんなことで業界が話題となるのは何ともなさけないけど。
これもし烈な新技術競争の結果なのかもしれない。

電気自動車といえば、漸く日産リーフを街中でちらほら見かけるようになったけど、普及にはまだまだ時間がかかりそうだ。
そんな中、たまたまマンションで試乗体験会を行っていたのが、電気自動車コムス。

トヨタ車体コムス1 トヨタ車体コムス2

トヨタグループのトヨタ車体が発売している電気自動車だ。
全長約2400mm、幅約1100mm、全高約1500mmの一人乗りの小さな乗り物。
家庭用のコンセントから1回の充電(6時間で満充電)で約50kmの走行が可能。
しかも60kmのスピードが出る。
その外観シルエット、宅配ピザのブームの頃の改造バイクのようだ。

電気自動車は、その走行距離=バッテリーが課題らしい。
確かに燃料(電気)切れは不安。ガソリンのように、補給場所がどこにでもあるわけではない。
そう考えると、このコムス、近所へのちょっとした所用や買い物には、とってもよいなあ。
と考える一方、なんたって車だから駐車場が必要となる。道脇にちょっと置くわけにもいかない。
んんん、ちょっとの買い物が、案外駐車に苦労してちょっとで済まなくなるかもなあ。
ならバイクや電気自転車のほうが便利?
せめて二人乗りなら、利用方法が変わるかも?
そんないろんな課題はあるけれど、トミカのコムスはなんたって小さくてかわいい。
これも世の中に出たからこそ、トミカになったのだ。まずは、そのことに感動と尊敬を。
車はどんどん進化する。

がんばれ、コムス!


カテゴリー
スライド13  wrote by ランシン

『上品倶楽部』WEB もよろしく! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
NEXT≫
プロフィール

一九六丸

Author:一九六丸
書き手 1.玉下奴郎 2.ランシン
3.小李富(編集担当 旧名1961_TM)
3人合わせて一九六丸。
1960+世代の「暇つぶしのお供」が大好物。ゲスト寄稿も募集中!

1960+ YouTube List
Our Friends
最新コメント
ブロとも申請フォーム
1960+読者カウンター
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
PR